風俗営業許可

★クラブやキャバレー、キャバクラ、ダンスホール、ゲームセンター、麻雀、パチンコなどの風俗営業を営むためには、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(通称「風営適正化法」)により、公安委員会の許可が必要になります。

★性風俗特殊営業、深夜酒類提供飲食店を営む場合は、公安委員会への届出が義務付けられています。

★営業形態を問わず、酒類を提供する営業をする場合には、深夜酒類提供飲食店営業の届出が必要になります。

 風俗営業には営業形態に応じた様々な許可や届出があり、その基準も厳しく定められています。必要な許可・届出をしっかり押さえて営業を行いましょう。

 無許可風俗営業は2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金という重い罪に科せられます。

◆風俗営業許可を取得するためには、@営業所所在地の地域的要件、A営業所の構造的要件、及びB申請者の人的要件が、すべて法令に合致していなければなりません。

社交飲食店の開業にあたっては、営業所を選定する段階から、当事務所にご相談されることをお勧めします。

なぜなら、お客様が営業所の開設に多額の投資をした後で、そもそも風俗営業が許可されない場所であったということになれば、それこそ無駄な投資になってしまうからです。

営業所の構造や内装の問題であれば解決できる可能性はありますが、場所の問題はどうしようもありません。このような状況になる前に、ぜひ当事務所にご相談ください。

◆当事務所は図面作成から調査、申請をワンストップで提供いたします。

  図面だけの依頼も引き受けます。

▲このページのトップに戻る