上陸特別許可申請

 〇上陸特別許可申請

 日本で退去強制処分を受けたものは5年間、出国命令によって日本を離れたものは1年間上陸拒否期間が適用されます。それから、刑事裁判で1年以上の懲役刑に処せられた場合や売春・薬物関連で逮捕された場合などは、永久に日本への入国ができなくなります。

 しかし、これら上陸禁止期間であっても、合法的に、日本入国が認められることがあります。これを一般に「上陸特別許可」といいます。

 実際に「上陸禁止となった事由が重大なものではなく、その配偶者が日本人である等の事情が存在するとき」、つまり日本人の配偶者である場合には、許可されています。就労や観光、一時滞在目的で上陸特別許可が発出されることはありません。

 ただし、日本人と結婚しているからといって当然に「上陸特別許可」が出るわけではありません。本来なら日本に入国を認められないものに許可するので、審査もより一層慎重に行われると思われます。審査に必要時間も普通より多くかかるのは必然的です。緻密にたくさんの資料を集めなければなりません。このような手続きを専門に行う当事務所に相談することをお勧めします。

▲このページのトップに戻る