帰化申請

 〇帰化するための条件

 

 @ひき続き年以上、日本に住所がある

 正当な在留資格を有して5年以上引続き日本で住所を有することをいう。

 A20歳以上で行為能力があること

 20歳以上の者は単独で申請することができる。

 B素行が善良である。

 犯罪歴の有無、納税状況などを総合的に考量して判断されます。

 C申請者自身又は配偶者その他の親族の資産などによって生計を営むことができること

 家族全体の総収入で判断されます。必ずしも申請者自身に収入があることが求められるわけではありません。

 D元の国籍を喪失すべきこと

 帰化によって元の国籍を失うことができること。

 E日本語の読み書き

 小学校低学年レベル程度の日本語の読み書きができること。

 

 〇緩和条件

 日本人と結婚や用紙関係にある外国人については、帰化の条件が一部緩和されます。

 

状況 緩和される条件
日本人の子で、引き続き3年以上住んでいる 5年以上住んでいなくて良い
父母も自分も日本で生まれ、3年以上住んでいる
引き続き10年以上日本に居所がある
配偶者が日本人で、3年以上居所がある 5年以上住んでいなくて良い
二十歳未満でも良い
配偶者が日本人で婚姻3年以上で1年以上居所がある
日本人の子で日本に住所がある 5年以上住んでいなくて良い
二十歳未満でも良い
生計を営めていなくて良い
日本人の養子で引き続き1年以上日本に住み、養子縁組のとき本国で未成年だった
元日本人で日本に住所がある
日本生まれで生まれつき無国籍で引き続き3年以上住んでいる

 

 〇主な申請書類

 

 中国籍⇒日本籍

 1、帰化許可申請書(写真貼付)

 2、親族の概要を記載した書面 (中国国内と日本国内を分けて記載)

 3、履歴書

 4、帰化の動機書

 5、国籍・身分関係を証する書面(国籍証明書、本国の戸籍謄本、旅券の写しなど)

 6、住所証明書(外国人登録機さ事項証明書)

 7、宣誓書

 8、生計の概要を記載した書面

 9、事業の概要を記載した書面

 10、在勤及び給与証明書

 11、卒業証明書、在学証明書

 12、源泉徴収票、納税証明書

 13、確定申告書、決算報告書、許認可書などの写し

 14、運転記録証明書(又は運転免許経歴証明書)

 15、技能、資格を証する書面(運転免許証の写し(表・裏)も含む)

 16、居宅・勤務先、事業所付近の略図

 17、その他

 これは一般的な例を挙げたもので、個人によって準備する者も全然違うことが多く、まずは専門家に聞くか、法務局に直接面談に行って詳しく申請人の状況を説明して、必要な資料を集めた方が早いと思います。帰化申請には上記のような資料が膨大なので、時間がない方や、資料の集めに苦手な方は、最初から専門家に依頼した方が時間の節約になるでしょう!

 当事務所はクライアントの事情に合わせて、最低の資料を第1回目の面談の要約日までに準備して、要求に応じて、面談を同行することもできます。よほど複雑な家族関係ではない場合は1回目で書類がそろってしまい、次の書類点検の予約までに済ませてしまします。そしたら、最後の提出日にご本人のサインで終わり、複雑な準備段階が大幅に時間の節約になります。

 ぜひ、ご利用してください。

 

▲このページのトップに戻る