転職手続

 〇転職手続 =就労資格証明書交付申請

 勤務先が変わった外国人は就労資格証明書交付申請をすることができます。「就労資格証明書」は、交付の時点において本邦に在留する外国人の行うことができる就労活動の内容等を証明するものです。就労活動を行う外国人が必ず取得すべきものではありませんが、転勤等により雇用先が変わる場合、就労資格証明書交付申請を行うことにより、新しい雇用先での活動内容が、現に有する在留資格に該当するか否かを確認することができます。

 ★就労資格証明書交付申請の必要書類

 1、就労資格証明書交付申請書

 2、旅券

 3、外国人登録証明書(取次の場合は外国人登録原票又は登録証の両面写し)

 4、立証資料

  @新しい雇用先の概要を明らかにする文書

  A申請人の履歴書

  B新しい雇用先での具体的な活動の内容、期間、地位及び報酬を証明する文書

  Cこれまでの活動の内容を証明する文書

 

 具体的なものはその個人個人と書く雇用先によって多少違うこともありますので詳しいことは当事務所の行政書士に直接お話をしてみてください。

▲このページのトップに戻る