定住者

  〇定住者

 この在留資格を持って日本で滞在できる外国人は一般的に以下の場合が多いです。

  ・日系2世、3世及びその家族

  ・中国残留邦人等の配偶者及びその親族

  ・日本人と結婚した配偶者の未成年及び未婚の実の子

  ・日本人の特別養子縁組をして子

  ・日本人の子を扶養している外国人

  ・日本人の配偶者と離別又は死別した一定の外国人

  ・定住者の配偶者

 以上が今現在よく見られる定住者在留資格に認定申請又は変更申請できる一般的な身分関係です。

 この在留資格は法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して在留を認めているものです。この定住者在留資格の認定又は変更申請は各身分関係がそれそれ違うのでその準備書類もそれぞれ違います。案件による具体的な事情に合う書類作成がとても大事です。直接当事務所の申請取次行政書士に問い合わせてください。

▲このページのトップに戻る