日本人配偶者等

これには 日本人配偶者、永住者の配偶者、定住者の配偶者等があります。

  〇日本人配偶者

この在留資格は在日の外国人と日本人が結婚したとき、或いは海外にいる外国人と日本人が結婚したときに申請できる在留資格です。

1申請書

配偶者(日本人)の方の戸籍謄本・・・・・ 1通
戸籍謄本に,婚姻事実の記載がない場合には,戸籍謄本に加え婚姻届出受理証明書の提出をしていただきます。
発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・・1通
申請人の方が,韓国籍等で,戸籍謄本が発行される場合には,お二方の婚姻が記載された外国機関発行の戸籍謄本の提出でも差し支えありません。
配偶者(日本人)の住民税の納税証明書(1年間の総収入,課税額及び納税額が記載されたもの。)・・・・・1通
ただし,納税証明書に総収入,課税額及び納税額の記載がない場合は,課税証明書及び納税証明書の提出をしていただきます。
配偶者(日本人)が申請人の扶養を受けている場合等4を提出できないときは,申請人の住民税の納税証明書(1年間の総収入,課税額及び納税額が記載されたもの)を提出して下さい。
発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
配偶者(日本人)の身元保証書・・・・・1通
身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)になっていただきます。
日本人の方の世帯全員の記載のある住民票の写し・・1通
発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
質問書・・・・・1通
スナップ写真(夫婦で写っており,容姿がはっきり確認できるもの)2〜3葉

ここの案件において、個別の書類が必要なので、専門家に一度相談することをお勧めします。

▲このページのトップに戻る