在留資格認定申請

  〇在留資格認定申請 

 外国から日本に来るときは短期滞在を除いて、一般的には日本国内で在留資格認定証明書の交付申請をまずしなければなりません。

これは申請人が日本に上陸しても良いですよという法務大臣の入管法に定めた上陸条件に適合していることの証明書です。

今度、この在留資格認定証明書を持って、申請人の住所地を管轄する日本領事館でビザの発給を申請することができます。それから、この証明書を上陸審査のときに又提出することになります。

それでは、この在留資格認定申請必要な書類はどんなものでしょうか?

現在の入管法には27種類の在留資格があります。それぞれ就労を目的とした在留資格、身分系の在留資格、後その家族などの在留資格に分かれますが、就労を目的とした在留資格認定申請は所属機関の書類と本人の書類を審査します。それから、身分系の在留資格認定申請は代表的に日本人の配偶者として申請することが多いですが、申請人の身分事項の書類と配偶者の戸籍謄本、住民票、在職証明、課税証明、それから、結婚に至った経緯を記載した質問書等の書類が一般的になります。

このような申請は全てが書類審査ですので、書類を万全に準備できなかった場合は不許可になることが多々あります。一度、専門の行政書士に相談することをお勧めします。 

▲このページのトップに戻る